コーポレート・アイデンティティ

私たちのすべての仕事はお客様の一食に感動を創るためにあります。

PHILOSOPHY

『人と自然でつむぐ豊かな未来』

本物は美味しい。本物は豊かな自然が産み出す。

CI
CI

CULTURE

~産地を訪ね、生産者に会い、素材や想いを深く知る~

創業以来欠かさず大事にしてきたことです。
“食べるということは命を頂くこと” と知らなかった人も、経験豊富な人も、
産地を訪れて造り手に会うと必ず新しい発見や気づきがあります。

産地から考える店づくり

~想いのGap~

新業態を考える時に想いのGapから考えます。
出店をする立地の消費者の想いを聞いたり感じたりしてると頭の中に会いたい人が浮かんできます。
そのほとんどが過去に産地を訪問した時に親身に話を聞かせてくれた生産者だったりします。
自然を大事に美味なる本物を生産している生産者はとても魅力的です。そして強い想いを持っています。
そんな消費者の想いと生産者の想いと深く関わっているとGapに気づきます。
産地で食した感動を伝えたい。消費者の求める想いを届けたい。プロである私たちがより一層価値を高めたい。
そんな想いで業態を考えています。

研修で深まる知識と関係性

~食の原点は~

生産者との関わり合いに重きを置いている当社の従業員研修は、見学というよりも交流です。
従業員の中には食材はスーパーで売っているような同じ形、同じ色、同じ味だと思っている人が少なくありません。
産地に行って、食材が可愛い赤ちゃんだったり、泥まみれでねじ曲がっていたりするのを見るだけで驚いたりします。
命を頂くということ、自然との共生。海のそばだから、山里だから、雪国だから、その土地だからこそ必要な食文化。
見聞きすることと産地に行って、生産者=生活者に会って感じることは全く違います。
人に良いと書く食は人間の生活と密接しています。知識と感謝を知り関係を深めていくことでより一層食の高みを目指していきます。

共鳴して生まれた事業

~始まりは日本一の焼鳥を目指したこと~

occasioが創業する前身で運営をしていた居酒屋で、日本一の焼鳥を目指そう!とこころざしたことが始まりです。
辿り着いたのは秋田比内地鶏。産地を歴訪をしていくうちに美味しさや生産者の想いに魅力を感じ専門店を出店することになり、益々産地や生産者との関係性を深めていきました。
生産者と飲食店、大切にしていることが違う立場ですが事業を通じて苦楽を共有していくうちに価値観が共鳴していくことを感じていました。
タイミングにも恵まれ、秋田の郷土と魅力を世に伝える比内地鶏生産責任者の店『本家あべや』が生まれました。

~秋田純米酒の未来~

秋田比内地鶏と秋田郷土料理のお店を通じて秋田の日本酒と関わりが始まりました。当初は全国の美味しい日本酒をあつかっていましたが、秋田への従業員研修の一環として秋田酒蔵研修を重ねていくうちに、秋田の日本酒の幅の広さや味わいの深さ、そして蔵元の皆さんの努力や人柄に魅了されていきました。
蔵元の皆さんとの交流から秋田純米酒専門店という事業は生まれました。秋田純米酒の未来を蔵元の皆さんとともに築く一助になれたらと思っています。

WORK

広岡 一子
にっぽん漁港食堂 / キッチンスタッフ

もともと魚が大好きで、築地で働きたいと思っていました。新鮮な魚を調理したり食べたりとても楽しいですし、周りの魚屋さんが捌き方や目利きの仕方など教えてくれてコミュニケーションが取れるのも嬉しいです。朝水揚げされた新鮮な魚介を仕入れることもできます。
調理未経験で入社したので、魚介の捌き方からキャベツの千切りや桂剥きなど、調理の基礎を日々勉強しています。なるべく沢山の魚をさわり、きれいに下ろせるようになる事が当面の目標です。効率の良い仕込みの仕方や混雑時のお客様対応など、勉強することは盛沢山ですが、ここでは今まで経験してこなかったことを経験でき、調理場で働ける、市場で働けることが何よりの喜びです。
指定店舗で購入された魚介の調理対応をしながらの定食作りは大変ですが、とても充実しています。そして、まだまだこの漁港市場の存在を知らない方も多いので、築地にっぽん漁港市場全体と共に盛り上げて行きたいです。

Age30
倉本 豊
ご馳走や叶え 神楽坂店 店長

お客様も従業員も居心地の良い空間造りを大事にしています。実績を出すことはもちろん、スタッフがやりがいを見つけ育っていくことが自分のやりがいにもなっています。
また、利き酒師として日本酒メニューは季節感にこだわって仕入れを考えています。日本酒や食材を学ぶことでできたお客様や生産者との繋がりが自分にとって大きな財産になっていると思います。
現在の店舗「ご馳走や 叶え」の3店舗目オープンを目指し、そこを次の自分のステージできたらと思っています。今よりももっと産地に密着したお店を造りたいと考えています。

Age27
工藤 優美
本家あべや 北町店 / サービススタッフ

一日中自然と笑顔でいられる職場環境なので、楽しく仕事に向き合えています。スタッフやお客様の十人十色の面白さを感じながら接客を考え、行動しています。以前は銘柄もわからないまま飲んでいた日本酒ですが、今は日々勉強をし、接客のプロフェッショナルを目指しています。

Age25
藤田 英夫
本家あべや 神楽坂店 / 鶏職人

自身のお店を持ちたくて、それまでの仕事を辞してこの世界に飛び込みました。
今の仕事内容は、鶏の解体から始まり、各部位毎の掃除、串打ちをして焼き場を担当しております。店長職も経験し、数値管理、販促なども学び、日本酒やワインの銘柄選定に至るまで多岐に渡って従事しております。
毎日丸鶏から捌き、一本の串に仕上げ、魂を込めて焼き上げております。お客様が口にした瞬間「うまい!」という一言が漏れた時の嬉しさは格別です。入手困難な日本酒も提供しておりますので、お客様の驚きの顔が伺えた時にもこの仕事の充足感を感じます。
10年程前から興味のある日本ワインの勉強もしていて、毎年ワイナリーを訪ね直接生産者の方と話をすることで知識を広げています。比内地鶏との相性も抜群なので、今後ご提供できるよう取り組んで行きたいと思います。

Age54
長谷川 志穂
ご馳走や 叶え 新宿店 / 女将

配膳接客のサービスと店長の補佐をしています。お客様に喜んでいただけることが嬉しくて、特に紹介した日本酒を気に入っていただけた時はとてもやりがいを感じます。
本来人をまとめるのは苦手なんですが、将来は日本酒バーのお店を持ちたいので、日本酒の勉強と、アルバイトの方がどうすれば楽しんで働いてくれるか、ついてきてくれるかを考えています。
日本酒は本を読んだり、自分で飲み勉強しています。後者は、注意する時厳しい言い方をし過ぎない、注意した後は切り替えて楽しい雰囲気にするといった意識をしています。店長が人を引っ張るのが上手な方なので、店長から学んでいる所が大きいです(笑)。
売上を上げることも大切ですが、もっと統一感を出してアルバイトスタッフとのチームワークを固めて行きたいと思っています。

Age24
小林 凌
本家あべや 田町店 / サービススタッフ

将来自分のお店を出したいと思い入社しました。入社して日も浅く、今はホールでサービスを学んでいます。徐々にステップアップして、鶏の仕込みや調理、包丁使いなども覚えたいです。まだ未成年なのでお酒は飲めない年齢ですが、来月20歳になるので実際飲みながら勉強し、お客様に紹介できるようになりたいです。

Age19
立仙 ローズアンマリー
本家あべや 神楽坂店 副店長

ホールの責任者として予約や発注の管理、キッチンとの連携、新人教育などを行っています。副店長になってから、お客様と接する時間とは別に、今まで経験のなかった事務やマネジメント業務も行うようになりました。仕事の幅が広がるにつれて理解できる事がどんどん増えていく、それがうれしさとやりがいになっています。
日本酒やワインの知識を深めていきながら、昔から興味のあるスイーツの世界のスイーツコンシェルジュという資格取得も目指しています。
色々なことに挑戦させて貰える環境を活かし、様々なスキルアップに繋げていきたいです。

Age24
村山 広大
本家あべや 秋田店 / 店長

本家あべや秋田店の店長として店舗運営全般を担っています。もともとは調理経験が豊富ではありませんでしたが、比内地鶏の美味しさをいかに引き出せるか日々勉強し、今では丸鶏の捌きと焼き場を中心に担当しつつ、全体のマネージメントをしています。
この会社に入り、産地研修や生産者との触れ合いを通じ、技術以外の分野から多くの事を学びました。また、秋田出身の人間として秋田の商材を使った料理・日本酒でお客様に喜んでいただける事、そして自店舗で働く従業員が楽しみながら立派に成長している姿を見ることで、自分の人間性も高めさせて頂いています。
これからも秋田比内地鶏生産責任者のお店という芯を強く持ち、食材を愛し、丁寧な接客と美味しい料理の提供を心掛けていきたいと思っています。

Age35
澤村 優太
本家あべや kitte店 / サービススタッフ

ホール業務を担当していますが、焼き鳥の部位に詳しくなった事、親子丼が好きな事もあってキッチン業務もやりたいと思っています。優先順位を決めて早めに対応することによって、より良いサービス提供が出来てきていると実感しています。

Age22
田中 翔
ご馳走や叶え 神楽坂店 料理長

漁師さんや農家さんと直接やりとりをして、その時期その日の最も美味しい素材を仕入れるようにしています。届いたものを見てその日のメニューを考えます。産地の方も当店によくご来店して頂いており、お客様はもちろん、生産者の方に喜んで頂けた時はとてもうれしいです。
カウンターでお客様と会話してご要望にお応えしたり、生産者から食材について学んだり、調理技術や食材・酒についての知識を向上させられる環境です。将来実家のお店を継ぐ時のために、飲食店経営についても学んでいきたいと思います。

Age31
梶谷 大輔
本家あべや kitte店 / 鶏職人

将来的に独立して焼鳥屋を開きたいと思っているんですが、鶏を捌く、炭を扱うだけでなく、毎日考える事がとても多い職場環境だと思います。
比内地鶏の魅力をお客様に伝えるために品質管理から、商品の開発、人材育成に至るまで経験出来ているので、その糧が未来に繋がっていると日々実感できています。情熱的な社長からの職場環境整備の話は自身の考えも変わり、心に爪痕が残る出来事でした。
お店に立ち、お客様に直接「美味しい!」と言われる事にとてもやりがいを感じますね。
中にはジェスチャーで「Good」と伝えてくださる方も多くいて、モチベーションが上がります(笑)。
この店から世の中に鶏職人を産み出していく環境作りをして行きたいと思っています。

Age35
柳沢 亮
常務取締役

本社勤務にて経理全般と会社の仕組みづくりに専念しています。少数精鋭の本部で、スピード感のあるPDCAに取り組めることは大きなやりがいです。成果を出すために、資本である体のトータルケアも大事にしています。
本部は、会社が外部からどのように見えていて、それがどんな機会、チャンスにつながっているのかを肌で感じることができます。週3回の役員ミーティングや様々な会社の課題への取り組みをとおして、経営能力を身につけられる仕事だと感じています。
家族を大切にしていけるよう日々精進していきたいと思います。

Age35
大谷 友伸
ご馳走や 叶え 新宿店 / 店長

ここの店舗では調理全般とマネジメントを行っています。生産者の方から毎日のように朝上がった魚をラインしてくれ、産地直送で仕入れが出来ています。おかげで鮮度はもちろん、直接買い付けなので低価格でお客様へ提供できます。
お客様のリピート率も高く、満足度をさらに上げることもやりがいの一つです。従業員は20代の若者も熱心に日本酒や能登の食材・文化を勉強しています。私自身も神楽坂の店舗から移動してきましたので、地域性の違いからニーズを汲み取るようにしています。書籍やネットだけではなく競合調査もして、より良いものをアウトプット出来るよう務めています。働く仲間たちがどんどん成長していく姿は自分の成長に繋がっています。相談事を受けたり揉め事もありますが、若い子たちや従業員が成長させてくれている。料理人をしているだけでは経験できないことです。以前の店舗の仲間たちとの交流も続いていますし、三方良しにより繋がっています。

Age45
ページトップへ